妊娠中や産後の黒ずみについてもっと詳細に知りたい方はこちら

 

妊娠中はあらゆる体調不良が起こりやすいもの。妊娠や産後に思わぬ身体の変化が見られたりしますが、そのひとつに黒ずみがあります。ここではその妊娠中や産後の黒ずみについてご紹介しましょう。

 

産後に黒ずみが発生する原因とは

ホルモンの影響で発生!

妊娠中や産後に黒ずみが増えるのは女性ホルモンによるもの。妊娠中に増えた女性ホルモンによってメラニン色素が増加し、色素沈着が発生するということです。

 

ホルモンバランスが元の状態に戻ることで薄くなっていきますが、場合によっては時間がかかってしまうこともあるみたいですね。

 

産後に黒ずみが発生しやすい部位2か所とその原因

女性ホルモンの影響によって起こる妊娠中や産後の黒ずみ。ここでは部位ごとの原因をご紹介していきます。

 

(1)顔のシミやそばかす

 

妊娠中はメラニン色素を増やすプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に増加します。これは胎児の成長など妊娠中に必要であるからなのですが、この女性ホルモンの増加で、メラニン色素が増加し、色素沈着が起きやすい状態になっています。

 

そのため、この時期に紫外線対策などを怠ると、シミやそばかすの原因になるのです。またシミのひとつであり、こめかみや頬など左右対称に起こる肝斑が生じるリスクが高くなるのも、ホルモンバランスの影響によるものです。

 

 

(2)乳頭やワキ、外陰部の黒ずみ

デリケートゾーンに発生する黒ずみも、プロゲステロンやエストロゲンなどの女性ホルモンの増加によってメラニン色素が増えるのが原因となります。もともとメラニン色素が多いワキや乳首、外陰部は特に黒ずみやすい場所でもあります。

 

またおへそを中心として上下に伸びる、黒っぽい1本線が出現する「正中線」が見られる方もいます。この正中線もホルモンバランスの変化によって起こるメラニン色素の増加が原因です。

 

産後の黒ずみの効果的なケア方法

刺激を避ける

身体を洗うときは、ゴシゴシこすらずにやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

 

入浴後は保湿クリームなどでしっかり保湿してください。また、脱毛の際などの強い刺激も黒ずみの元。
脱毛エステやクリニックに通っている方も、妊娠中や産後は控えるようにしてください。

 

 

ビタミンの多い食事をとる

シミやそばかすに効果的な栄養素はビタミンCです。そのため妊娠中や産後の黒ずみにもビタミンCが有効です。ビタミンCには活性酸素を防ぎ、シミやそばかすを目立ちにくくする作用があります。活性酸素を防止するため、アンチエイジング効果も得ることができますね。

 

もうひとつの栄養素はビタミンAです。ビタミンAには皮膚や粘膜を作る働きがあります。このビタミンCとビタミンAをきちんと補給して、肌のターンオーバーを促進させましょう。こうすることで、黒ずみも薄くなっていきます。

 

ビタミンCやAを豊富に含む食品としては下記の通りですよ。

 

<ビタミンC>

  • 赤ピーマン
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ゴーヤ
  • 唐辛子
  • パセリ

 

<ビタミンA>

  • スモークレバー
  • あんこうきも
  • やつめうなぎ
  • 卵黄

 

 

妊娠線クリームを使う

妊娠中や産後の黒ずみを消すためには、すぐにお腹のケアを始める必要があります。産後6ヶ月以内は肌を回復させるゴールデンタイムとされていて、黒ずみの回復も早い時期です。この期間にきちんとケアすることで、黒ずみをいち早く消すことが可能です。

 

オイルと併用する

妊娠線クリームには水分と油分が程よく配合されています。水分が潤いを与える美容成分を肌の角質層まで行き届かせ、さらに油分が肌表面を油膜で保護します。一方、オイルは高い保湿作用が特徴。クリームを塗った後にオイルを使い、肌表面をさらに油膜で保護すると、より保湿効果を高めることが可能です。

 

<妊娠線クリームの塗り方>

商品によってクリームの適量が表記されているため、それを目安に手のひらに出しましょう。量はクリームの固さや伸びの良さで調節してくださいね。始めのうちは少し多めぐらいで使うのもおすすめです。

 

お腹

1.両手を下腹部の中心に当て、弧を描くようにお腹の上まで持って行きましょう。おへその上を到着地にしてください。
2.下腹部にもう一度両手を当て、さっきより内側をなぞるようにクリームを塗ります。
3.さらに内側、おへその上を通るように塗りましょう。
4.この1?3の流れを何度か繰り返してください。

 

腰・お尻

1.腰の外側に手を置き、腰からお尻全体を円を描くようにクリームを伸ばしていきます。
2.大きな円と小さな円を繰り返し、塗り残しがないようにしてください。
3.最後は腰からお腹の方向に手を伸ばしましょう。

 

トップページでもお伝えしたように、
下着が締め付ける場合、それも黒ずみの理由になります。
その場合はこの記事を参考にして下着を変えてみて下さいね^^

 

 

<オイルの使い方>

お風呂から出たあとすぐの肌に、オイルの前にまず妊娠線クリームを塗布します。
妊娠線クリームで潤いを与え、その潤いが蒸発しないように、すぐオイルを塗って肌の水分油分を補い、キープしましょう。

 

オイルは必ず妊娠線クリーム使った後に塗るようにしてくださいね。

 

先に妊娠線クリームをぬると、肌表面にオイルの膜があるため、次に塗る妊娠線クリームの馴染みが悪くなるとされています。