ビキニライン・コマネチ部分の正しい洗い方は?今すぐ要チェック!

 

ビキニラインやコマネチ部分は、正しい洗い方を知らないとケアしにくい部分。

 

しかし、ビキニラインやコマネチ部分のケアが不十分だと、かゆみやにおいの原因になることも。

 

ここではケアしにくいビキニラインとコマネチ部分の正しい洗い方を詳しく解説していきます。

 

☆不十分な洗い方だとどうなる?

ビキニラインやコマネチ部分のケアが不十分だと、雑菌の繁殖やイヤな臭いが出る、かゆみの原因にもなります。
雑菌であれば例えば、カンジタ菌や大腸菌、ブドウ球菌などが挙げられますね。

 

そこで、これまで何となく済ませてきたという方は、手鏡などで自身のビキニラインやコマネチ部分をチェックしましょう。
入浴前と入浴後でどれだけ汚れがたまっているか、十分に洗えているか、確認してください。

 

☆ビキニラインの正しい洗い方

デリケートゾーン向けの石鹸を使う

かゆみや臭いが気になるときは、デリケートゾーン専用の石鹸を使うのがおすすめです。
臭い対策に特化したものや、低刺激なものなどいろんなタイプがあるため、一度チャレンジしてみるのもいいいでしょう。

 

十分に泡立てて手で優しく洗う

固形石鹸を使う場合は、泡立てネットを使いましょう。
泡立てネットで十分に泡立ててから、手で撫でるように優しく洗ってください。
洗い流すときはぬるま湯で、ゆるい水圧のシャワーやかけ湯で優しくすすぎましょう。
拭くときもゴシゴシとこすらず、トントンと優しく叩くようなイメージで拭いてください。

 

ゴシゴシとこするのは、黒ずみの原因です!

 

洗った後のビキニラインのケア方法

デリケートゾーン専用の保湿剤を使う

ビキニラインやコマネチ部分の皮膚は薄く、顔のように水分を保持する力が弱いですから、スキンケアのように化粧水や乳液を使う必要はありません。
そもそも化粧水の役割は肌の油分や皮膚を整える役割ですから、皮脂や水分保持が少ないデリケートゾーンには化粧水は必要なく、クリームや美容液のみのケアで大丈夫です。

 

ビキニラインやコマネチ部分の保湿は、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム、あるいは美容液を使うと良いでしょう。
これらの保湿ケア商品のほとんどは、乾燥から肌を守る保湿成分、黒ずみケアできる成分、清潔な肌状態を保つ成分が含まれています。

 

また、肌の刺激となるアルコールや香料が無添加など、肌に負担をかけない成分が配合されているものが多いです。

 

黒ずみ解消商品の選び方

 

顔専用の美白化粧品を使うのも効果的なのでは?

と考える方もいるそうですが、スキンケア用はアルコールなどの肌に負担になるものが含まれているのも多く、清潔な肌状態を保つ殺菌作用のある成分が配合されていないものがほとんど。

 

これらのことから、ビキニラインやコマネチ部分の保湿は、極力専用の保湿化粧品を使うのがおすすめです。

 

使うなら当サイトはこの商品が一番おすすめ!
ビキニラインの黒ずみに効く?ハーバルラビットクリームのまとめ

 

 

洗った後は、保湿力に優れたクリーム

クリームタイプには高い保湿力があり、長時間肌を摩擦や刺激から守ることが可能です。
美容液やジェルと比較して、アルコールなどの配合がないものクリームタイプのメリットです。